ココロ、カラダ。きれい。
レイキとキレイのヒーリングブログ
美容・健康

思春期早発症と女性が一生に出すホルモンの量

思春期早発症(ししゅんきそうはつしょう)の疑い

実は、思春期早発症 (ししゅんきそうはつしょう)の疑いがあった娘。

今では思春期早発症の疑いも晴れ、何も心配いらないのですが

学年に何人かいませんでしたか?背がズバ抜けて大きい子。

私は背が低かったので、いつも憧れていた側です(*´ω`*)

現在10歳の小学4年生の私の娘も、身長は153㎝あります。

小学生女子平均身長が 139.2㎝

10歳 0カ月から11歳0カ月で、平均 7.3㎝伸びるそうです。

乳幼児健診の6ヶ月検診の時に

「ちょっと胸がプックリしてるかも?一度大きな病院で検診してみて?」

と言われ検診して頂くことに。

大学病院で検査が始まりました。

身長や体重、血液検査はもちろん、子宮の発達検査・手の甲のレントゲン・MRI検査・・・

胸が少し膨らんでるだけで、どうしてこんな検査をしなくてはいけないのか。

お医者様の説明では

女性ホルモンが、何らかの原因で幼少期に出てきてしまう思春期早発症(ししゅんきそうはつしょう)かもしれないとのこと。

思春期早発症とは

思春期の始まりは女の子で10歳、男の子で12歳から始まるといわれ、それより2~3年程早く来る思春期を思春期早発症といいます。

早期に身体が完成してしまうために、一時的に伸長が伸びたり、幼い年齢で乳房・陰毛・月経など出現してしまう。

稀ではあるが、脳などの思春期を進めてしまう原因になる病変がないか確認する必要がある。

参照:思春期早発症

 

思春期に出るはずのホルモンが、幼少期に出てしまうと、成長ホルモンが打ち止めされてしまう。

今は高身長だとしても、思春期に伸びるはずの身長が止まり結果、低身長になってしまう。

小学2年生で子宮が早熟し、月経が来てしまったり、大人になって妊娠したい時期に月経がもう来なくなってしまったり・・・

昔では無治療だったのですが、現在では、ホルモン療法で「成長ホルモンをコントロール抑制する治療」も保険内で出来るそうです。

思春期早発症の検査

色んな検査が始まりました。

女性ホルモンの負荷をかけて、ホルモン点滴検査。

エコー検査では、子宮の発達加減を検査したり

人間の骨年齢は、手の甲の骨の大きさで判るそうで、手の甲のレントゲン検査も行いましたがこの時、2歳の娘の手の大きさは4歳までに大きくなっていました。

MRI検査では、頭の中に腫瘍が出来てないかを検査します。

MRI検査は20分以上、大きな音の中でじっとしていないといけません。

まだ2歳だったのもあり、お薬で眠らせてから検査しました。

もし、腫瘍があって、ホルモン異常を起こしている場合…

大半が取り除けない場所の腫瘍らしく、その場合は諦めて下さいとも言われ…祈るように検査が終わるのを待ちました。

「検査の結果は異状なし」

ほっと胸を撫で下ろした瞬間でした。

様々な検査を半年に一度、定期的に行ってきましたが現在では、検査もしなくてもよくなり、身長の極端な伸び率はかなり穏やかになっています。

こうした体質がある事も、現在では治療法が確立されていることも知ることができ、お勉強になりました。

背が伸びる最後の時期と思春期の終わり

小児科の先生にお話しを聞けるチャンスもないので成長ホルモンについても色々伺いました。

一般的に月経が始まってから、伸びる身長は10㎝

例えば、月経が始まった時の身長が150㎝だとすると、160㎝までしか伸びないそう。

骨の両端にある骨端線(こつたんせん)という、軟骨の部分が膨張することによって背が伸びますので

この骨端線が閉じてしまい、レントゲンで映らなくなったら、一般的に身長は伸びないともされています。

あと、脇の毛が生えると思春期が終わるとされ、そこから身長は伸びにくいそうです。

牛の赤ちゃんには必要な牛乳だけど、人間の健康維持にも必要?

身長を伸ばすためには

「牛乳を沢山飲んでカルシウムを摂る」だとか諸説がありますが

そもそも牛の赤ちゃんには必要な牛乳でしょうが、人間の健康維持に絶対に必要なのでしょうか?

テレビで特集していたり、流行りに乗っかって、自身の体質を無視し単品の物を過剰摂取する傾向が、近年よく見受けられます。

あくまでも私の見解ですが、「身体に良いから」という単純な理由で何かを過剰摂取したりするのは「どうなんだろう…」といつも感じてしまいます。

背が伸びる方法

成長ホルモンが分泌される時間帯に寝てること。

私はこれが一番、理にかなっていると思います。

私は164cmありますが、中学一年生の時は144㎝しかありませんでした。

初経も遅かったです。

とにかくよく食べ、よく動き、よく寝る。

山の麓(ふもと)にある田舎の中学校で毎日登山通学でしたし、お腹はいつもペコペコ。

白ご飯は丼勘定。

とにかく寝ました。今もめっちゃ寝ます。

それが良かったのかもしれませんね(笑)

身体は、季節の一汁三菜規則正しい生活習慣によって自然に作られるもの。

規則正しい生活習慣と睡眠。

これが成長ホルモンが活性化され、健全な肉体を創り上げていくのだと私は思います。

女性が一生に出すホルモンの量は、たったのティースプーン1杯程。

ホルモンといえば女性ホルモンもよく耳にしますね。

「イケメン見て、女性ホルモンがドバドバ出るわぁ♡」

何て表現も聞きますが女性が一生に出す女性ホルモンの量は、たったティースプーン1杯程度です。

このたったティースプーン一杯程度の女性ホルモンが、様々な症状を引き起こします。

身体や肌とも綿密に関係し、整えてくれる女性ホルモン。

艶やかな髪や肌の潤いもこの微量で保たれているのです。

若く美しくいたいと思うのが、女心。

女性ホルモンを投与するとか、女性ホルモンと似た働きをするサプリとか利用したい気持ちも分かります。

ですが、女性ホルモンが出なくなれば、女性としての魅力が一切無くなるのでしょうか。

私が思う美しさとは 

美容家としてもメイクさんとしてもヒーラーとしても、いろんな女性に出会ってきましたが、どんなに容姿が整っていようとも内側から放つ「しなやかな美しさ」には敵いません。

女性は、しなやかに、強(したた)かに強くあれ。

身体も心も自然の成り行くままに…私は、これこそ世界で一番の美しさだと思います(*´꒳`*)

 成長ホルモンから女性ホルモンまで、全てが繋がっている・・・

私たちの身体の奇跡の連続は、本当に神秘的ですね。


アロマ・レイキヒーリングサロン

【 雪 蓮 シェレン 】

阪神 鳴尾駅近 徒歩6分

完全プライベートサロン

営業時間:9:00~22:00

定休日:不定休

お問い合わせ下さいましたら、個別に場所等お伝え致します。

※男性の施術は、御紹介の方のみ承ります。





ABOUT ME
雪蓮 シェレン
アロマの香りで癒しながら、レイキヒーリングで心と身体の不調バランスを整えています。ガチガチの美容オタク。たまにメイクさん。