ココロ、カラダ。きれい。
レイキとキレイのヒーリングブログ
ブログ

御先祖様に喜ばれる方法と波動の上げ方

良いも悪いも

私の場合。

自分で不幸だと思った事は無いんですよねぇ(笑)

その時はもう必死でしたよ?

毎日、涙と鼻水グチャグチャでしたから(笑)

何としてでもやり遂げる!

あの時は怒りに任せて火事場のくそ力が出たのかもしれませんね(笑)

いつものようにケラケラ笑いながら、私の過去話を聞いた側の方が涙されて

「そんな苦労してたのね…私の悩みなんてちっぽけやわ…頑張らなくっちゃ!」と逆に元気になられる方々が多くて(笑)

まぁσ(^_^;)

元気になって良かったな(*´꒳`*)

私の泥のような経験話しも役に立つもんだなと(笑)

ドラマのような不幸とか死生観に関しては

「ヘェ~!そんな事になるんだなぁ」と客観視できるようになったのもあり

自殺なんて考えが一瞬過(よぎ)った時は

「えー…また一からやり直しじゃん…めんどくせー…」的な気持ちの方が先走ってしまい止めました。

一般的に良くない出来事や辛く哀しい出来事があったら、出来事に打ちひしがれ哀しみ泣き崩れ、全てのやる氣が失われる。

その次に思ったこと

どうして、自分ばっかりこんな目に…と思いました。

「御先祖様のお墓参り行ってないし、蔑ろにしているからだわ」

「家の土地が悪いんじゃないか」

「誰かの因縁が災いしてるのか」

なんて不幸の原因を探る事もしました。

でも、よーく考えてみたら全て第三者や物のせいにして、これまでの自分を振り返る事はしていませんでした。

順風満帆な人生って

誰一人嫌われる事なく万人に愛され容姿端麗、性格も最高!

夫婦円満で家族親族仲睦まじく、身内に問題人物は一人もいない。

住む家や欲しいものは何でも手に入り旅行三昧、お金にも不自由なし。

子供たちも成績優秀で反抗期もなく、親の言うことは全てキチンと聞く親孝行な子ばかり

怪我も病気もなく、老後も安泰…

……こんな人生の方っているのかな?(笑)

そりゃ~なれれば良いですが、何もせずとも輝かしい理想(?)の人生から何を学べというのでしょうか。

人は一見、不幸に見える出来事に目を背けがち。

だけど、その時は辛い経験だったとしても、経験したからこそ理解できる事があるから

「こう(理想)なれるように努力する事」こそ

この人生で学ぶべき課題ではないかと今では思うのです。

若い時の悩みってどんなでした?

今まで生きてきて

「若い頃は何であんな事で悩んでいたんだろう」と思う事ありませんか?

友達と些細な勘違いで勃発したちょっとしたトラブル。

ダイエット成功して憧れの48㎏になりたい!とか、好きな人とのどーでもよい恋悩み…

思わず遠い目で過去を振り返ってみましたが、成績悪過ぎて勉強で悩んだ記憶は無し(笑)

今、40代にもなり年と経験を重ねてみると、「何を悩んでたんやろう…」と殆どがそう感じてしまいます(笑)

でもそれは、経験してハードルを乗り越えてきたからこそ感じることであり、無駄な経験はないけれど、その経験を無駄にするか糧にするかは、自分の受け取り次第だと思います。

ひとつひとつが大切な経験だったと思える日が来たから、今の自分が創り出されているのですよねぇ(*´꒳`*)

ぐっじょぶ。私。

とはいえ気持ちが落ちてばかりでは辛いですよね。

日常の中で散りばめられた言葉たちにも、それぞれにエネルギーを持ち、受け手次第でその意味を成してくれます。

波動を上げてくれる言霊もあるんですって!

波動を上げる言霊 (コトダマ)

毎日「有難う」って伝えてますか?

そもそも有難うとは=有る事が難しいこと

有難うの反対語は【当たり前】

私は「ごめんなさい」かと思ってましたけどね(笑)

有難うの語源は「盲亀浮木(もうきふぼく)」の例えから伝わったというお話があります。

お釈迦様(ブッダ)と弟子の阿難(あなん)アナンダ様との会話は小難しいので、私の大好きなマンガ「聖☆おにいさん」風に進めてみましょう。

聖☆おにいさん (1-16巻 続巻)/送料無料/ 【中古】 全巻セット /あす楽【ポイント増量中】/ 【マンガ大賞2009受賞作品】

価格:3,730円
(2019/6/26 16:07時点)
感想(6件)

ブッダ「アナンダくん?君は人間に生まれてきた事ってどう思ってる?」

アナンダ「大変、喜んでおりますっ!」

ブッダ「…って実際問題、どれくらい喜んでるの?」

アナンダ「え…?!どれくらい…って…」

ブッダ「あーごめんごめん!難しいよねぇ?

……そそ、こんなお話があるんだけどね。

果てしな~く広がる海の深~い所にね?

一匹の目が見えない亀がいて100年に一度だけ、ひょっこり水面に顔を出すわけ。

もう一方でね?

ユラユラ~と揺れながら移動してる丸太の木が浮いてて、その丸太の所に亀の頭がシンデレラフィットするちょーどいい感じの穴が空いてるのよ。

そこで質問!(チャラン♫)

100年に一度、水面に顔を出す目が見えない亀さんの頭がその丸太の穴に入れるでしょーか!?」

アナンダ「えー。そんなの無理ですよぉ~。絶対無いわぁ~」

ブッダ「え?え?!絶対無い!って言い切れる?亀さんの頭が入れる程のシンデレラフィットの穴はちゃーんと空いてるんだよ?」

アナンダ「そりゃ~何億年、何兆年の間でしたら、ひょっとしたら…ひょーっとしてあるかも!?しれませんが無いに等しいですよ~」

ブッダ「アナンダよ…だけどね?

この亀さんの頭が入る確率よりも、人間に生まれてくる確率って難しいんだよ?有り難〜いって事なんだよ~」

という風に(笑)

盲亀浮木の例え話から、有難し=有難うという言葉が伝わったようですね。

つまり人間に生まれてくる事は、それほど難しい事であり喜ばしい事で、感謝する事である

ということですね。

ついつい私たちは

【有難し】を【当たり前】に捉えて感謝の気持ちが薄れがち。

辛くて感謝の気持ちが込められない時だとしても有難うと口にする事で、本当に波動の波が変化していくのが分かりますよ(о´∀`о)b

御先祖様が喜ばれる方法

御先祖様が喜ばれる事

それは毎日、神棚や御仏前で合掌したり、お墓参りをするだけではないのですよ。

私たちの細胞の一つ一つに御先祖様のDNAが必ず存在しますね。

ですから自身の身体を「有難う」と労わる事も御先祖様に喜ばれるのだそうです。

お供え物なんてのもサッと上げたら、自分が頂いちゃって下さい。

だって御先祖様のDNAがそれを味わう事が出来るのですから(笑)

私たちもいずれは御先祖様の一員となるもの

「ばぁちゃん、これ美味しいわ!」ってお供え物を食べてる孫の顔見れたら最高ですよね(笑)

おわりに

いかかでしたか?

どれも今日から…いや今から実践できる事ばかりですよね。

私たちが「今」できること

一生懸命生き抜く事が御先祖様達を供養する事と、子供たちに身近な存在として感じて貰える事に繋がります。

堅苦しい思想は一旦横に置いといて

今日から浜村淳並みに「有難う♡」を連発してみてくださいね(笑)

関西しか知らんか(笑)


【 雪 蓮 シェレン 】

阪神 鳴尾駅近 徒歩6分
完全プライベートサロン

営業時間:9:00~22:00

定休日:不定休

お問い合わせ下さいましたら、個別に場所等お伝え致します。

※男性の施術は、御紹介の方のみ承ります。





ABOUT ME
雪蓮 シェレン
アロマの香りで癒しながら、レイキヒーリングで心と身体の不調バランスを整えています。ガチガチの美容オタク。たまにメイクさん。